専業主婦でも借りられる銀行カードローン

専業主婦でも借りられる

日本の家庭においては、主婦が家計を管理している事が非常に多いです。

そのような状況下では、夫より妻の方が家計の推移に敏感ですので、もしお金を借りたい場面に遭遇したとしてもまず気が付くのは妻の方ですし、ましてや妻が専業主婦であれば借入の手続きを行う時間的余裕も妻の方があるでしょう。

専業主婦の借入を不可能にする「総量規制」

2010年6月に施行された総量規制という法律は、貸金業者からの借入総額を年収の3分の1に制限する法律ですので、これにより専業主婦単独での借入は事実上不可能となりました。

但し例外として「配偶者同意貸付」とすれば、借入は可能です。

つまり配偶者の同意を得れば、夫婦二人の年収の3分の1までならお金を借りることは出来るのです。

専業主婦でも借りられる

けれどもこの場合、審査は夫婦二人に対して行われますし、何より夫に借入の相談をし、承諾してもらわなくてはなりません。お金を借りる必要性が生じる理由は様々ですが、夫の収入だけでは賄えない為お金を借りたい訳ですので、その事実を本人に言うのはなかなか気が引けるものです。

それに、夫の承認がとれるのであればこのようなまどろっこしい方法をとるよりも、夫名義でキャッシングを行った方が手続き上スムーズにいくはずです。

総量規制は多重債務者問題を抑止するべく作られたルールですが、多重債務者の多くは無収入の人ではありません。

また、専業主婦でも夫婦の財産は夫婦のものとみなされますので、夫の収入で返済が可能な人もいます。

冒頭でも述べたように日本の家庭の多くでは、妻が家計を管理していますので、例え妻が専業主婦だとしても妻を返済能力なしとみなすのは一方的な考え方とも取れます。

つまり、多重債務者の借入を抑止する事と専業主婦の借入を不可能にする事は全く関係が無いのです。では、専業主婦が単独で借入を行うには、何か方法が無いのでしょうか?

総量規制対象外の銀行カードローン

専業主婦でも借りられる銀行カードローン
そこで注目したいのが総量規制の対象外となる金融機関の存在です。

総量規制の順守義務があるのは貸金業者で、これには主に消費者金融、クレジットカード会社、信販会社が含まれます。しかしこれら企業の他にも貸付サービスを行っている金融機関があります。

それは銀行です。銀行は貸金業を主として行っている訳ではありませんので総量規制の影響を受けません。つまり、銀行のカードローンなら収入の無い専業主婦でも借入が可能なのです。

それに加え、銀行カードローンは消費者金融に比べ金利が低い、利用可能なATMの数が多い等のメリットもあります。実際に専業主婦向けのカードローンもいくつか展開されており、本人に収入が無くても配偶者に安定した収入があれば借入可能となっています。

それでは、専業主婦でもキャッシング可能な銀行カードローンを紹介します。

専業主婦でも借りられる銀行カードローン

最終更新日: 2016/09/14
サブコンテンツ

このページの先頭へ