バランスのとれた三井住友銀行カードローン

sb

総量規制により収入の無い人や年収の3分の1以上の借入が必要な人に注目されている銀行カードローンですが、そのなかでもみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行のいわゆるメガバンクが提供しているカードローンはサービスの質が良くお勧めのものが多いです。

この3社を比較した上で一番お勧めなのが、全ての条件で高い基準を満たしている三井住友銀行カードローンです。基本的には三菱東京銀行カードローンバンクイックと類似してはいるのですが、限度額や収入証明書に関する条件、おまとめローン可能な点等がより優れています。但し、三井住友銀行カードローンは専業主婦への融資は認めていませんので、そこは注意下さい。

それでは三井住友銀行カードローンの特徴を見て行きましょう。

men 3

三井住友銀行カードローンのおすすめポイント

sbs

最短審査期間30分、即日融資可能

銀行カードローンのデメリットの一つ、審査期間の長さを最短30分にまで縮めました。

銀行カードローンの多くがこの点を改善してはいますが、最短で即日審査の銀行が多いのが現状です。そんな中最短審査期間30分を謳っているのは、三菱東京銀行カードローンバンクイック等少数の銀行だけです。もちろんローン契約機の利用で即日カード発行、カード発行後即融資可能です。

300万円以下なら収入証明書不要

お金を借りる際に必要な書類の一つ、収入証明書が300万円以下の借入なら不要です。貸金業法により貸金業者での50万円以上の借入や合計で100万円以上となる借入には収入証明書が必要なのに対し、

銀行カードローンでは収入証明書を要求する借入金額を高めに設定しています。その中でも三井住友銀行カードローンの300万円という金額は業界最高水準となっています。

申込の際の口座開設不要

銀行カードローン申込時の条件として頻繁に要求される口座の開設が、三井住友銀行カードローンでは不要です。元々口座を保有している銀行のカードローンを申し込めば楽ですが、条件を比較したりするとそう簡単には決められない事もあると思います。

イオン銀行やりそな銀行、みずほ銀行等は、カードローンの申込時に口座の開設を要求していますので、口座が無い人はその場で口座を開かなくてはなりません。

お金を借りたい時というのは急いでいる場合が多いですので、そんな時に一つ手続きが増えるのは非常に煩わしいですね。三井住友銀行カードローンでは、口座が無くてもローンカードを発行する事によって、カードによる借入を可能としています。

銀行カードローンの中でも低水準の金利

銀行カードローンは消費者金融に比べ低金利なのが一般的ですが、三井住友銀行カードローンでは年利を4.0%〜14.5%(変動金利)に設定しています。

他のメガバンクのカードローンと比較すると、例えば三菱東京銀行カードローンバンクイックは4.6%〜14.6%ですので上限金利で0.1%の差がついています。また、消費者金融では50万円程の借入で約18%の金利が相場となっていますので、三井住友銀行カードローンの上限金利14.6%は非常に魅力的な数字です。

高額の最高限度額でおまとめ・借り換えも可能

三井住友銀行カードローンでは最高限度額が800万円と銀行カードローンの中でも高めの限度額を設定しています。更に、おまとめローンを禁止とする銀行カードローンがある一方で、三井住友銀行のカードローンは借り換え、おまとめも認めていますので、800万円の最高限度額や低水準金利と相まって、おまとめローンとしての利用価値が高くなっています。

最終更新日: 2016/09/14
サブコンテンツ

このページの先頭へ